恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

カテゴリ:ドラマ「悪の花」 > ニュース記事

202000924-2

俳優のキム・ジフンとイ・ジュンギの素敵なツーショットが公開された。

キム・ジフンは24日、自身のインスタグラムに特別なコメントなく写真3枚を投稿した。

写真の中のキム・ジフンは、イ・ジュンギと肩を組んで明るく笑っている。 熾烈だったドラマの中の2人の対立の後に隠されたビハインドが、あたたかさを加えました。 特に長髪がよく似合うキム・ジフンのビジュアルが、視線を集中させる。

202000924-3
202000924-4

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
20200924-1

tvN水木ドラマ「悪の花」の中イ・ジュンギとムン・チェウォンが愛に対する信頼と感動的な終わり、また別の開始を知らせ余韻いっぱいなエンディングを迎えた。

23日放送されたtvN水木ドラマ「悪の花」16話は、首都圏世帯基準平均6.6%、最高7.3%を記録し、全国世帯基準平均5.7%、最高6.2%で歴代最高視聴率を再び塗り替え油種の米を収めた。(ニールセンコリア有料世帯基準)

この日の最終話では、銃に撃たれ目覚めたト・ョンス(イ・ジュンギ)が交通事故の後の仕事を覚えていない様子が入れられた。全く別の人になってしまったト・ヒョンスは自分自身を失ったまま生きてきた日々を振り返るが、再びチャ・ジウォン(ムン・チェウォン)への愛を悟り、新しい出発点に立った。笑い声を取り戻した2階建ての家の全景、幸福感に涙を流ト・ヒョンスと妻のチャ・ジウォン、娘のペク・ウンハ(チョン・ソヨン)が大切にお互いを抱きしめた姿で終わり結ばれたエンディングは胸がジーンとし感動を伝えた。

これまで見る人々の心を勝手気ままにしエキサイティングに広げた「ヨンジュ市連続殺人事件」は、共犯ペク・ヒソン(キム・ジフン)の蛮行が明らかになって完全無欠に終結した。「カギョン里長殺人事件」の犯人とされたが無罪となって釈放されたヒョンスの姉ヘス(チャン・ヒジン)は初めて自分のための人生を歩もうと、留学するために旅立った。キム・ムジン(ソヒョヌ)はト・ヘスの心をまだのぞかせながら、彼も自分の過去の心の重荷を振り切ってさらに成長した姿を見せた。そのすべてがそれぞれの選択を行い、また、日常を取り戻した。

周囲からの偏見によって閉じ込もり、自らも疑っていたヒョンスは壁を乗り越えて自分の気持ちを自覚した。そして愛を教えてくれたジウォンに、14年前の彼女の告白と同じ言葉で告白した。お互いがお互いを救い、また新たな世界へ導く完璧なストーリーは忘れられない余韻を残すのに十分だった。

それだけでなく、「悪の花」は、1話から16話まで一瞬も油断できなくした事件の中の各人物の密度の高い感情線を密に絡まりながら「サスペンスメロ」ジャンルの新たな地平を開いた。

ここで修飾語が必要ないクラスのイ・ジュンギ、代替不可の感情熱演を広げたムン・チェウォン、独歩的な存在感のチャン・ヒジン、お茶の間に正しく名前三文字を刻んだソ・ヒョヌなど、すべての俳優がそれぞれの人生キャラクターを更新したほどであった。

このように作家、監督、俳優、すべてが爆発的な相乗効果を起こした「悪の花」は、毎回を重ねるごとに熱くなる話題性、上昇する視聴率と「エンディンググルメ」、「人生のドラマ」などの修飾語を残し、視聴者を陥るようにした。また、ト・ヒョンスという存在を通じて絶えず善での悪(惡)の転覆を描き出して、さらに意味のある話を派生させた。

20200923-6

ドラマ「悪の花」の出演俳優イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌが、ドラマの放送終了の心境を伝えた。

23日午後10時50分に最終話を控えているtvNの水木ドラマ「悪の花」は、歴代級の熱演を繰り広げた主役4人の特別なメッセージを公開した。
 
さすがだという演技力を見せたト・・ヒョンス役のイ・ジュンギは「この7ヶ月という時間、走ってきた『悪の花』の全てが終わった」とし、「実は最初はとても難しく感じて、うまくやり遂げることができるだろうかというプレッシャーが大きかった」と話し始めた。

彼は「何より『悪の花』を共に楽しんで応援してくださった視聴者の方々がいらっしゃったので、本当にもっと頑張って完走することができた」とし、「作品のたびにそうだったが、『悪の花』は特に余韻が長く残ると思う」という特別な愛情を示した。

チャ・ジウォン役でもうひとつの人生キャラクターを得たムン・チェウォンは、「あたたかい春から涼しい秋まで、3つの季節を共に過ごした『悪の花』が、最終回を控えたという事実がまだ実感できない」とし、「最善を尽くして撮影に臨んだので、どんな時より満足できた作品として私の中に記憶されると思う」と話した。

彼女は「チャ・ジウォンというキャラクターという感情を最大限真実味をもって表現したかったので、大変で難しかった瞬間もあった。 だが、視聴者の方が送ってくださった応援のおかげで、うまく乗り越えることができた」とし、「キム・チョルギュ監督様、ユ・ジョンヒ作家様をはじめ、すべてのスタッフの方々、共演俳優の方々まで、良い作品で会えて本当に幸せな時間だった」と伝えた。

繊細な雰囲気の中、誰より強い心を持ったト・・ヘス役のチャン・ヒジンも「予想できない大きな愛を受けて幸せな時間だった。 共に作って頂いたすべての方々と、愛聴してくださった視聴者の方々に心より感謝の気持ちを伝えたい」とし、「今夜いよいよ最終回が放送されるので、最後まで一緒にしてくださるようにお願いします」と感謝の気持ちを表わした。

キム・ムジン役を担ってジャンル不問の演技スペクトルを証明したソ・ヒョヌも、「視聴者の方々の熱い愛と関心のおかげで、スタッフたちと安全を守って頑張ってしっかり終わらせることができたと思う」とし、「視聴者の方々も頑張って今後も『悪の花』が難しい状況の中で、少しの間だけでも休んでいくことのできるささやかな慰労になればいいなと思う。 感謝申し上げます」という愛情たっぷりなコメントであたたかさを加えた。

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
20200923-3

「悪の花」イ・ジュンギが演技で名品俳優の底力を証明した。

tvN「悪の花」が9月23日最終話を控えている中で、名場面ビハインドカットが公開された。まさに視聴者の涙腺を炸裂させた15話の中、イ・ジュンギの感情熱演がそっくりそのまま盛られていて、ドラマのファンの心をキュンとさせた。

特にト・ヒョンス(イ・ジュンギ)の生死を知らずにいる視聴者に今回のビハインドカットは嵐のようだった当時の状況を思い出させ、さらに弱々しを醸し出す。最初のペク・ヒソン(キム・ジフン)から妻のチャ・ジウォン(ムン・チウォン)の死の知らせを聞いたト・ヒョンスの姿が視線を引く。イ・ジュンギが込めたト・ヒョンスの恥ずかしさと悲しみ、言葉では形容できない複雑な感情は、止まっているスチールカット上でもひっそり伝わり、見る人の心を痛くする。

20200923-4

以降チャ・ジウォンがペク・ヒソンに殺されたとしか判断できなかったヒョンスの内面は怒りに覆われた。自分の妻を殺しても厚かましく嘲笑しているペク・ヒソンを見ることができなかった。この時から始まったト・ヒョンスとペク・ヒソンの息詰まる対峙前は爆発的な緊張感と一緒に哀れさえ誘発した試みに目を離すことができなくした。

ト・ヒョンスとペク・ヒソンはもちろん視聴者たちの心まで崖の端に追いやっしまった絶体絶命のシーンでは頂点に駆け上がるヒョンスの感情線が、見る人まで嗚咽に作成し、忘れられない名場面をプレゼントした。特に話題を集めた「私は死んだ人が見えるよ」と泣き叫ぶイ・ジュンギからはただチャ・ジウォンだけがすべてだったト・ヒョンスの手つかずの純粋さと心からの愛が感じられるようにして、さらに切なく感じられる。

2020年下半期を強打し、多くの人々の生活の中のドラマに位置した「悪の花」。その中心には、俳優イ・ジュンギがいた。まるで芸術作品を描いているように繊細な手で作られたイ・ジュンギの表「ト・ヒョンス」は感情が欠けていた人物であったが視聴者の深い共感をかもし出して豊かな感情スペクトルをプレゼントした。選択することは容易ではなかった作品だった彼の話が面目を失うほど「悪の花」は、イ・ジュンギという俳優の無限の可能性を改めて実感しました。

20200923-5

「悪の花」が最終話を控えた中で作品の結末を描き出すイ・ジュンギに多くの期待と関心が集められる。

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
20200923-2

tvN水木ドラマ「悪の花」の主役たちが、最終回を前に直接視聴ポイントを明らかにした。

「悪の花」で忘れられない名演を繰り広げているイ・ジュンギ(ト・ヒョンス役)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン役)、チャン・ヒジン(ト・ヘス役)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン役)が、23日(水)に放送される最終回を待つファンのために愛情を込めて直接メッセージを送った。

まずト・ヒョンス役のイ・ジュンギは、前回の放送でト・ヒョンスがチャ・ジウォンを守るために代わりにペク・ヒソンに撃たれて倒れるというエンディングについて語り、「15話のエンディングに多くの方々が驚き、最終的な結末に対する関心が大きくなったと思う」と話し始めた。

続いて「スポイラーになるので多く話をすることはできませんが、最後話でもやはりキャラクターの感情と話の流れに自然にしたがっていただければいいでしょう。新しい状況の中で、ヒョンスやジウォンの感情の変化を感じると、意味ある結末と深い余韻を楽しむことができる」と伝えた。

次はジウォン役を引き受けたムン・チェウォンも「楽しさと緊張感など『悪の花』だけの魅力が最終話でも如実に現れると思う。一瞬たりとも目を離すことができない展開と人物の感情に集中して見ると、これまでよりも大きな楽しみと緊張感、そして重みのある余韻まで感じることができると思う。最後まで本放送視聴をお願いする」と話した。まだ解決されていない「ヨンジュ市連続殺人事件」と、これに関連した夫ト・ヒョンスの危機の中で、チャ・ジウォンがどんな感情に向き合うようになるかが関心を刺激している。

また、イ・ジュンギとムン・チェウォンがサスペンスとメロを行き来するカップルとして脚光を浴びているが、キム・ムジン役のソ・ヒョヌとト・ヘス役のチャン・ヒジンは初恋の純情を秘めたカップルとして熱い反応を得ている。前回、ト・ヘスがペク・ヒソンのナイフに刺されたが、キム・ムジンは彼女をひとりにしたという罪悪感に苦しんで切なさを加えた。

これに対してチャン・ヒジンは、「ヘスとムシンを応援してくださる方も多いため、ふたりの関係がどのようになるかについて見守っていただきたい。最後まで愛情のこもった関心をお願いする」とロマンスの行方に関心をお願いした。ソ・ヒョヌも「ト・ヒョンスとチャ・ジウォン、そしてト・ヘスとキム・ムジン、最後のシーンまで決して予測できないストーリーとともに、残された2カップルの歩みを見守ってほしい」と付け加えた。

こうして終わりを前にしてもエキサイティングなストーリーと予測不可能な展開を予告している「悪の花」が果たしてどんな花を咲かせるかにも、これまで以上に視聴者の熱い関心と期待が集められている。

愛さえ演じたペク・ヒソン(ト・ヒョンス)と彼の正体を疑い始めた妻のチャ・ジウォン、顔を背けたい真実の前に直面したふたりの高密度な感性追跡劇の結末は、23日(水)午後10時50分から韓国で放送される「悪の花」の最終話で明らかになる。

このページのトップヘ