恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

カテゴリ:ドラマ「無法弁護士」 > ニュース記事

20180420-1


『無法弁護士』イ・ジュンギ、ソ・イェジ、イ・ヘヨン、チェ・ミンスのキャラクターティーザー映像が初公開された。15秒間に激しいアクションと笑い、俳優たちの強烈なカリスマまでがおさめられており、『無法弁護士』への期待を急上昇させている。

tvNの新しい土日ドラマ『無法弁護士』(キム・ジンミン演出、ユン・ヒョンホ脚本、スタジオドラゴン、ロゴスフィルム制作)側は19日、ネイバーTVキャストでイ・ジュンギ(ポン・サンピル役)、ソ・イェジ(ハ・ジェイ役)、イ・ヘヨン(チャ・ムンスク役) 、チェ・ミンス(アン・オジュ役)のキャラクターティーザー映像4本を初公開した。

『無法弁護士』は法の代わりに拳を使っていた無法弁護士が、自分の人生をかけて絶対権力に対抗して戦い、真の武法弁護士に成長していく巨悪掃討法廷活劇だ。

公開されたキャラクターティーザー映像には、イ・ジュンギ、ソ・イェジ、イ・ヘヨン、チェ・ミンスのキャラクターの魅力が明確に現われて、視聴者の期待を高めている。

熱いアクションで視線を集めるイ・ジュンギは通話中に突然トイレに入ってきた巨体の犯罪者を拳で制圧する。特に「今回の裁判も私だけを信じてください」と通話するイ・ジュンギの姿は彼の男性的でありながらセクシーな魅力を垣間見せて期待を膨らませる。

ソ・イェジは見ているだけでホットな「熱血弁護士」のガールクラッシュな姿を予告した。代わりに駐車してほしいというイ・ジュンギの言葉に自動車の後ろをそのまま追突させてしまう行動で劇中の「ハ・ジェイ」の猪突的な性格をそのまま表している。特に「同じ弁護士同士、駐車ぐらいはしてあげられます」とイ・ジュンギに痛快な一発を食らわすソ・イェジの姿は2人の掛け合いまでを期待させる。

イ・ヘヨンは静かだが強い彼女だけのオーラで見る人々を圧倒する。気品あふれる姿でお茶を飲んでいるイ・ヘヨンの冷徹な目つきからは誰にも負けない孤高さが感じられる。続いて「私がまさにこの街の法律であり、正義よ。私の関心は正義の実現だけ、原則と公正、それだけ」と堂々と歩いていくイ・ヘヨンの姿を通じて、劇中の「キソン地裁の検事」として聖女の仮面をつけた彼女が法の枠の中で自分の欲をどのように正当化させるのか、好奇心を刺激する。

最後にチェ・ミンスは見るだけでゾッとする目つきでカリスマを爆発させている。鏡の中の野心に満ちた自分の姿を眺めるチェ・ミンスの冷たい表情と一緒に「俺はもう事業家だ。暴力団ではなく」と目を光らせる姿が視線を集める。自分の成功のためにいかなる残酷な行為も可能だというチェ・ミンスの卑劣な欲望が明らかになり、見る人を凍りつかせる。

イ・ジュンギ、ソ・イェジ、イ・ヘヨン、チェ・ミンスのキャラクターティーザー4種は、ホットでありながら強烈なキャラクターたちの魅力をそのまま表現して巨悪掃討法廷活劇『無法弁護士』に対する期待を高めている。加えて『無法弁護士』イ・ジュンギと「熱血弁護士」ソ・イェジが繰り広げる共同作戦と彼らと対抗する「悪の枢軸」イ・ヘヨン、チェ・ミンスの姿がどのように描かれるのかが期待される。

『無法弁護士』は、『Live』の後続として来る5月12日午後9時から放送予定だ。

20180419-2


『無法弁護士』イ・ジュンギとソ・イェジが本格的な「共助ケミ」の始まりを知らせた。二人の最初の捜査現場の様子が公開された。

tvN新土日ドラマ『無法弁護士』側は19日、本格的に共助捜査に着手したイ・ジュンギ(ポン・サンピル役)とソ・イェジ(ハ・ジェイ役)の姿が収められた現場カットを公開した。

『無法弁護士』は法の代わりに拳を使っていた無法弁護士が、自分の人生を賭けて絶対権力に向き合い戦い真の武法弁護士に成長していく巨悪掃討法廷活劇。

公開された写真には法と拳を兼ね備えた「無法弁護士」イ・ジュンギと、煮えたぎる血を抑えることが出来ない「熱血弁護士」ソ・イェジが初捜査を開始させる姿が写されている。ドラマの中でイ・ジュンギは愛する顧客のためであれば手段と方法を選ばず戦い打ち勝つ無法弁護士。自分が向き合う敵が誰であれ関係なく表面では限りなく明るく快活な姿を見せるが、危機の瞬間には緻密で大胆な勝負師気質を発揮させる彼の姿が視線を集める。

ソ・イェジは髪をかき上げるガールクラッシュな姿だけでも熱血弁護士の強いフォースを垣間見るようだ。万事どこに飛び出すか分からないイ・ジュンギの重心を掴み事件現場であれば眼差しから変わる中、二人は日々言い争いをしながらも真実のパズルを合わせるために昼夜問わず熱血奮闘する予定だ。

このように共にする姿だけでも真の共助ケミが何かを見せてくれるイ・ジュンギとソ・イェジがどんな活躍でお茶の間に痛快さを届けてくれるのかより期待させる。

そんな中でイ・ジュンギとソ・イェジはすでに撮影現場にて厚い無法ケミを積み重ねていると伝えられた。中でも『無法弁護士』というドラマタイトルに合わせてアクションシーンが多く、体力的な消耗が多いにもよらず、激しいアクションを直接消化する二人の爆発的なエネルギーにスタッフまで舌を巻くほどだ。

これについてイ・ジュンギは「私がエネルギーでは誰にも負けないという自信があったが、イェジさんと呼吸を合わせた後に『私よりすごい俳優がいるんだな』と考えた。イェジさんがか弱く見えるが、強い内面を持っている。アクションシーン撮影がつらく大変だろうが、一番先に立って私に合わせてくれる姿をつねにありがたく考えている」と彼女の演技への情熱を称賛した。

ソ・イェジもまた「撮影現場にて見るジュンギお兄さんは座る暇もなく常に現場を飛び回る姿だ。時々お兄さんに『その体力は一体どこから出てくるの?』と尋ねると『私の体力の力は紅参』と話すほど紅参に対する愛が格別だ。私もしっかり食べるようにするほど熱血的なジュンギお兄さんの姿は見るたびに驚き」だと彼の体力を感嘆した。

tvN新土日ドラマ『無法弁護士』は『Live』後続作として韓国にて来る5月12日から放送予定だ。

20180417-2


『無法弁護士』ポン・サンピルとして帰ってきたイ・ジュンギは画報カット顔負けのアクションビジュアルを公開した。節度のある動きでオーラを発散し自分だけのシグネチャアクションを完成している。

新ドラマ『無法弁護士』側は17日、縦横無尽に力強く駆け回り無法弁護士フォースを醸し出しているイ・ジュンギ(ポン・サンピル役)の姿を公開した。

『無法弁護士』の中でイ・ジュンギが演じるポン・サンピルは法と拳を兼ね備えたヤクザ出身弁護士。今回公開された写真にてイ・ジュンギは柔軟で鋭い動きで視線を奪っている。

イ・ジュンギはドラマの中で縦横無尽に力強く駆け回る無法弁護士らしくパワフルなアクションと強烈な眼差しで視線を集め強烈なオーラを発散している。

イ・ジュンギは拳を振りかざす前に、眼差しでまず相手を制圧した後に自分に襲いかかる相手に攻撃を加えるアクションで見る人の息をも止めている。中でも棒と一体になったように自由自在に体を動かす彼の姿は見る人の視線を釘付けにするほど華やかで美しく無法弁護士ポン・サンピルが見せるアクションにより期待が集まる。

イ・ジュンギは「私自らもアクションに対する欲心が多いが『無法弁護士』だけは以前に見ることができなかった私だけのアクションを作りたいと考えた」とし「最近柔術を学びはじめ柔術だけの華やかながらもリズミカルな動作に魅了された。これに『柔術をアクションシーンにつなげればどんな絵ができあがるか?』という関心が生じこれを武術監督に提案したのだが快く受け入れてくださり、柔術を活用したアクションシーンを作ることが出来た。『無法弁護士』の中のアクションシーンに注目して欲しい」と伝えた。

『無法弁護士』制作陣は「イ・ジュンギが体を張ったアクション熱演でスピード感があり華やかなアクションシーンを完成している。スタッフもまた彼の情熱までもしっかりカメラに収めて見るだけでもすっきりする場面を作るために努力している」とし「イ・ジュンギが節度のあるアクションでより見所が豊かになる『無法弁護士』にたくさん期待して欲しい」と伝えた。

tvN新土日ドラマ『無法弁護士』は韓国にて5月12日から放送される。

20180416-2


「無法弁護士」イ・ヘヨンのキャラクターカットが初公開された。高貴な聖女と黒貪欲、両極端の二つの顔を持つキソン地裁の地方裁判官に変身したイ・ヘヨンの姿が、見る人の肝を冷やしている。

「ゲヌクシカップル」キム・ジンミン監督とイ・ジュンギの再会でホットな話題を集めている新しい土日ドラマ「無法弁護士」側16日、劇中キソン地裁の地方裁判官のチャ・ムンスクに扮しイ・ヘヨンの姿を初公開して目を引いている。

「無法弁護士」は法律を信じず、拳を使っていた無法弁護士が、自身の人生をかけて絶対権力に立ち向かい、本当の“武法弁護士”に成長していくストーリーを描く。

イ・ヘヨンは劇中高潔な聖女の顔の中に貪欲を隠したキソン地裁の地方裁判官のチャ・ムンスク役を引き受けた。チャ・ムンスクは自分の存在自体が都市の法であり、定義という慢心に満ちた人物。法の最も上から力を振り回しながらキソン市民の尊敬と信頼を一身に受ける独歩的な女性である。

公開された写真には、意中を知ることができないイ・ヘヨンの涼しい姿が盛られていて目を引く。イ・ヘヨンは、自分の威容と存在感を現わす鋭い目つきでキソン地裁の地方裁判官の孤高で気品ある姿を誇っている。また、すべてのものを貫くようなイ・ヘヨンの目つきと涼しい表情が、見る人の心をどきっとするようにする。特に片方の眉を軽く上げ不満を表わしており、どのような状況なのか知りたい事を誘発すると同時に、心臓震える緊張感を醸し出す。

一方、別の写真の中のイ・ヘヨンは高潔な聖女の様子。滝のような涙を流している子供を眺める彼女の目は、自分のすべてを惜しみなく出す母親のように暖かいだけである。これはすでにチャ・ムンスク役に200%没頭したイ・ヘヨンの姿を通じて「無法弁護士」に対する期待感も高まっている。

このようにイ・ヘヨンは前作「マザー」で見せてくれた強靭な母性愛とはきめが違うカリスマで聖女の豊かだった後に陰湿で凶悪な内心を隠している‘ヤヌスの顔’をリリースする予定だ。 そうした中でイ・ヘヨンは「無法弁護士」撮影会場を彼女だけの独歩的な存在感と‘イ・ヘヨン’という名前三文字でいっぱい満たしている。 特にキム・ジンミン監督のキューサインと共に自由自在に変奏する表情と目つき、硬い発声で現場を圧倒しているという裏話だ。

tvN「無法弁護士」の制作陣は、「イ・ヘヨンが肉震える二つの顔のカリスマで、彼女の演技人生で最も強烈な変身を図る」とし「目だけで、みんなをひざまずかせるカリスマを発散し味わい深い演技を繰り広げるイ・ヘヨンの熱演を期待してくれ
」と呼びかけた。

tvNの新しい土日ドラマ「無法弁護士」は「犬とオオカミの時間」「高慢と偏見」「結婚契約」など洗練された映像美を誇るキム・ジンミン監督が演出を引き受けて映画「弁護人」「共助」、ドラマ「リメンバー - 息子の戦争」を執筆したユンヒョンホ作家が脚本を引き受け大きな関心を集めている期待作。 tvN「ライブ」の後続で来る5月12日土曜日の夜9時初放送予定である。

20180413-1


『無法弁護士』のイ・ジュンギとソ・イェジの撮影現場が公開された。初めての撮影から走って飛んでと体を張る現場のメイキング映像にネットユーザーの関心が高まっている。

キム・ジンミン監督とイ・ジュンギの再会でホットな話題を集めているtvNの新しい土日ドラマ『無法弁護士』(脚本ユン・ヒョンホ、演出キム・ジンミン、制作スタジオドラゴン、ロゴスフィルム)側は13日、ネイバーTVキャストでイ・ジュンギとソ・イェジの最初の撮影ビハインド映像を公開した。

『無法弁護士』は法の代わりに拳を使う「無法」弁護士が、自分の人生をかけて絶対権力に対抗して戦い本物の「武法」弁護士に成長していく法廷活劇だ。イ・ジュンギは法と拳を兼ね備えた組織暴力団出身の弁護士「ポン・サンピル」役を、ソ・イェジは熱い血を持て余す弁護士「ハ・ジェイ」役を演じて、2018年のテレビ劇場に爽快なアクションと愉快な無法ドラマを披露する予定だ。

公開されたビハインド映像には、イ・ジュンギとソ・イェジが緊張が漂う中で撮影の準備をする中で、抜群の呼吸で撮影会場をよどみなく駆け巡る姿がおさめられている。

イ・ジュンギはまさに無法弁護士の姿を見せている。スタントマンなしで車を飛び越える高難易度のアクションを披露しているが、実際の撮影を彷彿とさせる猛烈なリハーサルが見る人々の視線を奪う。特に撮影監督のオーケーが出ると満面の笑みを浮かべるイ・ジュンギの姿からはプロのオーラが感じられると同時に完璧なシーンを作り出すための彼の情熱が感じられる。

これと共に「これまで見せたキャラクターとはちょっと違うポン・サンピルの姿を皆さんにお見せするために懸命に努力して準備している。悩みもして心配もたくさんしているが、最終日まで最善を尽くして皆さんを楽しませることができるように努力する」と語る情熱いっぱいのイ・ジュンギの姿を通じて、無法弁護士ポン・サンピルの姿がどのように描かれるのか、さらに期待させる。

一方、ソ・イェジはハ・ジャイのガールクラッシュな姿を見せている。車のドアを思いっきり開いて足首と手首を負傷しても明るい笑顔を失わないまま本人よりもパートナーのイ・ジュンギを配慮する姿が注目を集める。

イ・ジュンギを想う温かい友情と些細な部分も逃さない努力がそのまま伝わって来る。これは彼女が既にキャラクターとひとつになって深く没頭しているという事実を感じさせ、「ソ・イェジが作るハ・ジェイ」に対する期待を高めている。また、カメラに向かって愛嬌たっぷりの微笑みを送る姿からは撮影現場のムードメーカーの役割をしっかりと果たしている彼女の親和性をうかがわせる。

このように、イ・ジュンギとソ・イェジはポン・サンピルとハ・ジェイに完璧に変身、初めての撮影からスタントマンなしで体を張ったアクション熱演を繰り広げて存在感を見せており、ファンの期待を高めている。特にポン弁護士とハ弁護士として組んだ2人の姿は『無法弁護士』での彼らの活躍をより一層期待させる。

tvNの新しい土日ドラマ『無法弁護士』は『犬とオオカミの時間』、『高慢と偏見』、『結婚契約』など洗練された映像美を誇るキム・ジンミン監督が演出を引き受けて映画『弁護人』、『コンフィデンシャル/共助』、ドラマ『リメンバー- 息子の戦争』を執筆したユン・ヒョンホ作家が脚本を引き受けて大きな関心を集めている期待作。 tvN『Live』の後続として来る5月12日土曜日の夜9時に初放送予定だ。

このページのトップヘ