恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

カテゴリ: イ・ジュンギ

20170707-4


イ・ジュンギが近況を公開した。

イ・ジュンギは去る4日インスタグラムのアカウントを使用して"#Welcome#2.4m」という文と一緒に自分の映像を記録した。

公開された映像の中、イ・ジュンギは、独特の色味の映像で視線をひきつける。特に途中イ・ジュンギの姿とカリスマあふれる表情を見ることができる。

一方、イ・ジュンギは、tvN「クリミナル・マインド」で熱演中。アメリカ「クリミナル・マインド」の韓国版であり、犯罪者の立場からの心理を見抜くプロファイリング手法で連続殺人事件を解決していく犯罪心理捜査ドラマは、来る26日(水)の夜10時50分初放送される。

20170628-2


俳優イ・ジュンギが、大きな花束をもらって幸せそうにほほ笑んでいる。

イ・ジュンギは28日、自身のInstagramに「サンキュー(Thank you)」という短いコメントと写真を掲載した。

20170628-3


公開された写真には、大きな花束を抱いてカメラを見ているイ・ジュンギの様子が写っている。彼の明るいほほ笑みが見る人の視線を捕らえる。

一方、イ・ジュンギは7月にtvNドラマ「クリミナル・マインド」で視聴者を訪ねる予定だ。

俳優イ・ジュンギが華やかな踊りで風変わりな魅力を放出した。

イ・ジュンギは21日、自身のSNSに写真集を撮影しているような複数の写真を上げた。

写真の中のイ・ジュンギは、普段の真剣な姿とは違って興趣が爆発したよう「ポーズ」から続く愉快なダンスの動きを披露した。イ・ジュンギのスマートなスタイルも目立つ。

イ・ジュンギが出演する犯罪心理捜査劇tvN「クリミナル・マインド」は、7月に初放送される予定だ。

20170621-5
20170621-2
20170621-3
20170621-4

20170619-2


俳優イ・ジュンギが変わらない少年らしさをアピールした。

イ・ジュンギは19日、自身のInstagramにグラビアのビハインドカット数枚を掲載した。

公開された写真でイ・ジュンギは、草原で風に当たりながらさまざまなポーズを取っている。半ズボンまで完璧に着こなしたイ・ジュンギは、溢れるカリスマ性とユニークな雰囲気でファンを魅了した。

イ・ジュンギは7月に韓国で放送予定のtvN心理捜査ドラマ「クリミナル・マインド」でNCI要員のヒョンジュン役を務める予定だ。

20170619-3
20170619-4

20170612-4



BIGBANGのG-DRAGONが「IUに軍隊に行くまで飲みなさいと焼酎をプレゼントされた」と述べた。

G-DRAGONは10日、ソウル上岩(サンアム) ワールドカップスタジアムでソロワールドツアー「ACT III, M.O.T.T.E」を開催し、歌手IUがゲストとして舞台に上がり、注目を集めた。

この日IUとG-DRAGONは、「Palette」のコラボステージを初披露した。

ステージを終えた後、G-DRAGONは「私たちは『Palette』の初のステージをここで披露しましたね。とても嬉しいです」と挨拶した。

特にG-DRAGONは「私たちはまだ少しぎこちない気分だ。私がフィーチャリング依頼を受けたことで、IUさんが突然、冷蔵庫をプレゼントしてくれた。軍隊に行くまでに飲みなさいと焼酎を詰めて送ってくれた」と話し、目をひいた。IUは「G-DRAGONさんの顔を印刷した帯で焼酎を包んで送った。軍隊に行くまでに飲もうと思ったら早く飲まなければならない」と述べ、笑いを誘った。IUは、自身がモデルとして活動しているブランドの焼酎を冷蔵庫に詰め送ったという。

またIUは、「本当に良くできたから。私はとても感謝している」とし「本当に多い。こんなに多くの人の前でステージを披露するのは初めてだった。本当にすごい」と感想を伝えた。



※ジュンギ君もソロコンサートに行ったようですね




BIGBANGのG-DRAGON、ソロコンサート中に女性が舞台に乱入するハプニング発生

20170612-5



BIGBANGのG-DRAGONがグループのメンバーとしてではなく、ソロアーティストとしても圧倒的な存在感を示した。ワールドツアーのスタートとなる10日夜のソウル公演では、ファッショニスタとして名をはせるおしゃれな着こなしで数十メートルに達するステージを縦横無尽に駆け巡り、ワールドカップ競技場を3階の客席まで埋め尽くしたファンを酔わせた。

この日は海外のファンを含む約4万人を動員。全席11万ウォン(約1万円) だったチケットの売り上げだけで44億ウォンとなった。

芸能人が憧れる芸能人に成長したこの10年間の活躍を思うと驚きではない。

20170612-6


G-DRAGONは2009年発表の「HEARTBREAKER」をオープニングで披露した後、「クォン・ジヨンです」と本名で自己紹介。「G-DRAGONという名前で生きていて、自分の姿を忘れていました」と話した。「クォン・ジヨン」は今月8日にリリースしたソロアルバムのタイトルだ。ステージでは計24曲を次々と熱唱した。

公演中に女性ファンが舞台に乱入するハプニングもあった。この女性ファンは応援ペンライトを持ったままステージに上がり、G-DRAGONの首元を掴み抱擁を試みたが、G-DRAGONは慌てずに歌を続けた。すぐにスタッフが駆け付けファンを制止し、G-DRAGONは所定の位置で一回転して自然に自分の首に巻かれたファンの腕を解いた。

G-DRAGONは「自分は派手で誇張されたイメージの歌手だと思います」として、「公演の最後では素直なクォン・ジヨンの姿を見せることが目標でした」と語り、来年、兵役のため入隊する計画を明らかにした。

ソウルでの公演を皮切りに、アジア3都市、北米8都市、オセアニア4都市、日本3都市の計19都市でツアーを行う。




BIGBANGのG-DRAGON、新曲「無題」MV再生回数が1000万回を突破!“圧倒的な勢い”

BIGBANGのG-DRAGONの新曲「無題」のミュージックビデオが再生回数1000万回を突破し、熱い人気を集め続けている。

本日(11日) 午後3時基準、YouTubeの公式チャンネルで公開されている「無題」のミュージックビデオは再生回数1001万7千256回を記録した。

「無題」のミュージックビデオはシンプルなセットを背景に、G-DRAGONの感情演技と哀切なメロディー、歌詞が際立つ映像だ。撮影当時からG-DRAGONの没入感あふれる演技で、最初は様々なセットで撮影するはずだった計画を変更し、ワンテイクで終了することになったエピソードが明かされたミュージックビデオでもある。

G-DRAGONがボーカルだけで埋め尽くしたスロー曲「無題」を単独タイトル曲に決めたことも予想できない新鮮なことなのに、発表以来4日間、韓国の国内全ての音源チャートで1位を席巻し、突風を巻き起こしている。「無題」が収められたG-DRAGONの新しいアルバムもiTunesアルバムチャート39ヶ国1位を記録するなど、韓国を越えて世界的に大きな愛を受けている。

ニューアルバムを通じて大きな愛を受けているG-DRAGONは10日、ソウル上岩(サンアン) ワールドカップ競技場で行われたワールドツアー「ACT III、M.O.T.T.E」の初公演を成功的に終え、17日と18日にはマカオでツアーを続けていく予定だ。

このページのトップヘ