恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

カテゴリ: 雑誌・インタビュー

20210226-2

韓国俳優イ・ジュンギの爽やかなカバー画報が公開された。

26日、「THE STAR」マガジンは「LEE JOON GI in JEJU ISLAND」をテーマに春にぴったりのビジュアルを披露したイ・ジュンギの3月画報を公開した。

この日公開された写真で、イ・ジュンギはモダンなホテルを散策したり、馬と一緒にポーズを取ったりするなど、チェジュド(済州島)で様々な姿を披露した。特に、撮影現場では4~5年ぶりの乗馬であるにもかかわらず、トップレベルの実力を披露しスタッフから拍手喝采を浴びたという。 

20210226-1

画報撮影後のインタビューでイ・ジュンギは「済州には10年ぶりに行ったが、新しく見えた。もっと神秘的で美しくなったようだ。おかげで仕事と休息を一緒にした気分だった」と撮影の感想を伝えた。

昨年、ドラマ「悪の花」で演技好評と大きな愛を受けたイ・ジュンギ。今年の次期作について「『悪の花』でたくさんの愛と過分な称賛を受けて、とても感謝している。久しぶりに深みがあって重厚ながらも温かい人間愛の作品を披露したようで、余韻が残っている」とし「良い台本を慎重に読みながら悩んでいる。どんな作品で戻ってくるかわからないが、良いストーリーとメッセージで多くの方に慰めと希望、そして楽しさを届けなければと思う。もう少し待ってほしい」と話した。

20210226-3

続けて、冬が過ぎて近づく春のバゲットリストを尋ねる質問には「新型コロナウイルス前は元々、旅行に関心がなかった。一人旅はむしろ寂しくなるような心配があったし、ファンの皆さんと会うために旅立つその時間そのものが、僕には幸せな旅だった」とし、「多くのことができないので人恋しいし、自由に世の中を見て、感じたい気持ちになる。いつか世の中が落ち着いて安定したら、自分だけの旅行に出てみたい」と率直に答えた。

また、困難に直面するたびに思い出す自分だけの“おまじない”を聞くと「今まで私が(ここまで)来ることができたことや、私の可能性を広げてくれた全てのことを何度もじっくり考えて、私の周りにある貴重な価値を思い浮かべる。そして、自分自身を大切に考えようという“おまじない”をかける」と話した。

20210226-4

最後に「本当に大変な時間を僕たちみんなが苦労して乗り越えているようだ。最も大変なことのひとつがファンの皆さんに会えないこと」とし、「良い作品を通じて、今年はもっと良い幸せを届けたい。また皆さんと楽しく再会したい。いつも変わらぬ応援と愛を送ってくださる皆さんに心から感謝している」とファンに伝えた。


20210221 中国SENSE 2月号のカバー1

俳優イ・ジュンギの風変わりなグラビアが公開されて目を引く。

イ・ジュンギが、中国のファッションマガジンSENSE 2月号のカバーを飾った。「2021年お正月の人物」に選定されて進行した今回のグラビアは、公開直後から数多くの韓流ファンたちの関心をひきつけイ・ジュンギの変わらない韓流への影響力を実証している。

3Dコンセプトで進行された今回の撮影では、イ・ジュンギの風変わりな姿に会うことができる。まず、強烈な赤い光と調和したグラビアカットでは、彼の存在感はまさに圧倒的だ。ブレても変わることのないハンサムな容貌と真似できないイ・ジュンギだけが持つオーラが視線をひきつける。

20210221 中国SENSE 2月号のカバー2

一方、ティーカップに寄りかかりながら余裕を楽しむイ・ジュンギからはオリエンタルな雰囲気が感じられる。現代と過去が調和するような姿は神秘的な雰囲気も醸し出してまるでファンタジーの世界に来たような錯覚を起こしそうだ。続いてのグラビアカットでも、洗練された目鼻立ちを誇って映画のポスターのような魅力を見せた。

20210221 中国SENSE 2月号のカバー3

このようにグラビアの公開で近況を伝えたイ・ジュンギは共に行われたインタビューで、次回作の話を続けた。

「次の作品では、差別化されて、より素敵な姿をお見せしたい。そんな作品に運命的に出会えるように懸命に台本を見て検討しているところだ」と答えた彼は、挑戦したいジャンルについて「ファンの方々が一番見たいとおっしゃるロマンスもいいですし、久しぶりにアクションや時代劇も挑戦してみたい。多様な可能性を考えながら検討しているので2021年にどんな作品でご挨拶できるか期待してほしい」と次回作への期待感を高めた。

昨年のドラマ「悪の花」で愛され、韓流スターとしての人気を証明し続ける俳優イ・ジュンギ。全世界で彼に対する関心が高まっている中で、2021年にどのような姿で楽しさと感動をプレゼントするのかイ・ジュンギの活躍に関心が集まっている。 

20210220-1
20210220-2

●表紙&巻頭グラビア
イ・ジュンギ『悪の花(原題)』

●特集
☆泣けるドラマが観たい!
泣ける! サスペンス イ・ジュンギ『悪の花(原題)』
泣ける! 青春ロマンス 『スタートアップ:夢の扉』全話魅どころ解説
泣ける! 時代劇 ユン・シユン『緑豆の花』Special Interview
まだある 泣ける! ドラマFILE

☆トキメキ指数120% 現地最新胸キュンロマンス
イム・シワン『それでも僕らは走り続ける』
チャウヌ(ASTRO)『女神降臨(原題)』
ロウン(SF9)『先輩、その口紅塗らないで』

☆ほろり、ときめくマンガ原作ドラマ
キム・ミョンス(エル)『おかえり~ただいまのキスは屋根の上で!?~』Special Interview
ヨ・ジング『絶対彼氏。〈完全版〉』Special Interview
ほろり、ときめくマンガ原作FILE

☆やめられない! とまらない!! サスペンスはこう観る!
イ・ジュノ(2PM)『自白』
イ・ジュニョク『リセット~運命をさかのぼる1年~』Special Interview
イ・ヨニ、イム・ジュファン『ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌』Special Interview

☆2021年ブレイク俳優予想!!!
ソン・ガン&イ・ドヒョン『Sweet Home─俺と世界の絶望─』Special Interview
オン・ソンウ『場合の数(原題)』Special Interview
2021年 期待の俳優は彼らだ! ロウン(SF9)、イ・ジェウク他

☆ドラマインタビュー
『サーチ(原題)』チャン・ドンユン、クリスタル
『模範刑事(原題)』ソン・ヒョンジュ、チャン・スンジョ
『リーガル・ハイ』チン・グ『/ペントハウス』オム・ギジュン『/運命のキスをお願い! 』ジェリー・イェン

☆ドラマ紹介
梨泰院クラスの次はこれ!『! ストーブリーグ』/渋キャラの魅力全開『! ザ・バンカー』/
社会派ドラマで韓国を知る『! ドクター探偵』/素敵ドラマ、見つけました。『花様衛士〜ロイヤル・ミッション』

☆好評特別企画!
泣ける俳優ランキング/マニア対談! 泣けるドラマ編
 

20210106 WAVES漫潮-1

俳優イ・ジュンギが、2021年新年を華やかに飾った。

イ・ジュンギの中国ファッションマガジン「WAVES漫潮」1月号のカバーが公開されて注目を集めている。昨年ドラマ「悪の花」で変わらない名演技と見事なビジュアルで話題を集めた彼は、2年という空白期が信じられないほどカムバックに大成功した。

20210106 WAVES漫潮-2

特に鳥肌が立つような1人2役の胸が痛いメロ演技で、感動と楽しさを同時に与えたイ・ジュンギは、韓国を越えてアジア、ヨーロッパ、そしてアメリカファンまで魅了して変わらないグローバルな影響力を証明した。そのため、彼が中国ファッションマガジンの2021年新年最初のカバーを飾るというニュースは、多くのグローバルファンの関心を受けて、今年も続く韓流の歩みに対する期待を集めている。

「WAVES漫潮」1月号では、ひとつの単語で形容することができない魅力的なイ・ジュンギのグラビアと率直なインタビューが含まれている。先に公開されたグラビアのイ・ジュンギは、撮影コンセプトに基づいてまるで別の人物だと錯覚すほどに正反対の雰囲気を漂わせている。表情とポーズの変化だけでイメージを全く変化させる彼の姿は、見る人を一瞬にして虜にする。

20210106 WAVES漫潮-3

続くインタビューでは、俳優としてより良い姿を見せるために常に苦悩する姿を知ることができる。 「悪の花」以来、多くの人々の関心事である次回作に対する質問に彼は、「いくつかの作品を慎重に検討している。どうすれば次の作品で新しい姿をお見せできるか考えている」と述べた。

また、俳優として最も重要なことは何なのかという質問に「人」と答えた彼は、「俳優という職業が最も素晴らしいと感じる時がまさに人々を癒す時だと考えている。そんな最もやりがいのある達成感を感じて、今後より一層努力しながら小さなことでも逃さない俳優になりたい」と演技に臨む淡々とした心構えを伝えた。

20210106 WAVES漫潮-4

2021年の新年を眩しく装飾しながら今後のハードな歩みを予告した俳優イ・ジュンギ。彼のより多くのグラビアとインタビューは、「WAVES漫潮」マガジン1月号でみることができる。

20201224 -1

このページのトップヘ