恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

カテゴリ: テレビ出演

20170419-5


毎週、一組のアーティストをピックアップして、そのアーティストの過去から最近までのミュージックビデオを特集する音楽プログラム。

人気のアーティストたちはもちろん、視聴者の皆様がリクエストしたアーティストも登場します!
この番組でお気に入りのアーティストに出会ってください!


各15分または30分 / SD


■イ・ジュンギ

初回放送:5月14日(日)18:15~18:45

再放送:5月16日(火)20:00~20:30 / 5月18日(木)深4:15~4:45
            5月22日(月)20:00~20:30


20170501-1


放送日 05/13(土) 03:15~04:45

概要
毎回、人気俳優やアイドルたちが数々のミッションに挑戦していく、手に汗握るバラエティ!


詳細
ランニングマンにイ・ジュンギが初登場!他にも俳優のホン・ジョンヒョン、カン・ハヌルを迎え、ランニングマンたちと皇帝になるためのレースを繰り広げる! 最後に皇帝の座をつかむのは果たして…?(韓国放送日:2016年8月28日)


20170404-22


「私の耳にキャンディ2」側がイ・ジュンギ・ミニョンスペシャル放送をキャンセルしました。

ケーブルチャンネルtvNのバラエティ番組「私の耳にキャンディ2」側4日午後、イーデイリースターinとの通話で、「製作陣もイ・ジュンギさんの熱愛を記事に接した」とし「イ・ジュンギ - パク・ミニョン側の視聴者の反応が良くビハインドストーリーを盛り込んだスペシャル放送準備していた。(熱愛報道後も放送を出すことは)プログラムを楽しく見てくださった方の礼儀ではないようで、出さないことに決めた」と明らかにした。

イ・ジュンギは、先月初めてリアルバラエティ番組「私の耳にキャンディ2」に出演した。「紅参」がパク・ミニョンといきいきとした雰囲気を演出して話題を集めた。特に1日の放送ではイ・ジュンギがパク・ミニョンに会うためにイタリアのベネチアで去った。10年ぶりに再会した二人の姿は、ときめきをかもし出した。ビハインドストーリー公開も予告されたが、最終的にキャンセルされた。

イ・ジュンギとチョン・ヘビンの所属事務所ナムアクターズは同日午後二人が2014年KBS2ドラマ「朝鮮ガンマン」を通じて仲間として出会い、昨年上半期恋人関係に発展したと発表した。所属事務所側は「友達関係を経て、互いに共通点が多くを知ることになり好感を感じ、その感情に自信を得るまでに長い時間がかかったため、とても慎重に出会いを続けている」と付け加えた。

20170403-4



イ・ジュンギがイタリア旅程の最後を飾った。tvN『私の耳にキャンディ2』にて「ホンサム」というニックネームで女優パク・ミニョンと電話で疎通したイ・ジュンギが、これまで見せたことの無いロマンティックな魅力を余すところなく発散、視聴者に笑いと涙を披露した。

日々カリスマ溢れる役を演じてきたために、彼の日常生活は神秘に包まれていた。『私の耳にキャンディ2』が公開されるや、カリスマはまったくなく人が好きでどこか抜けたところもあるエネルギッシュなイ・ジュンギが登場した。

最初は自身のキャンディ「バニバニ」が誰か知ろうとやきもきしたり、フィレンツェを巡りながら旅程を楽しむ姿を描いた「可愛い男」の一面は天真爛漫な少年のようで視聴者に新鮮な気持ちを抱かせた。しかし次第に「バニバニ」の悩みを聞いてやり、彼女を笑わせるために努力し心を尽くすイ・ジュンギの優しさに頼もしさを感じ始めた。

「ホンサム」と「バニバニ」の最終回にて視聴者は「大人の男性」イ・ジュンギの真髄を見た。イ・ジュンギはパク・ミニョンに「君はたくさん悩みすぎず、ただ今のように過ごしてくれればと思うし、瞬間瞬間を幸福に暮らしてついにはその瞬間が集まって自分に素晴らしい人生をプレゼントしてくれるから、疲弊せずに幸せでいて欲しい。幸せに、ミニョン」と話して視聴者を驚かせた。また直接パク・ミニョンに会いに行き「会いたかった」と話して笑顔を見せた際にはお茶の間の視聴者さえも感動させた。

ある瞬間から「バニバニ」がパク・ミニョンであることが分かっていたが、もしかしたら先輩である自分に気を遣うかもしれないと通話が完全に終わるまで気づかないフリをしていたのだった。彼の配慮に加えて温かな慰労はパク・ミニョンだけでなく視聴者の心まで溶かした。

視聴者たちは「イ・ジュンギがロマンス映画に出てくれたらいいのに」、「完全に『冷静と情熱のあいだ』だ」、「イ・ジュンギにこんな姿があるとは知らなかった。好きになった」、「涙が出た。自分がパク・ミニョンになったようだった」など彼に対する賞賛を惜しまずにいる。バラエティ番組にて映画を彷彿とさせる感情を感じさせてくれたイ・ジュンギに向かう関心が番組が終わってからも続いている。

一方、イ・ジュンギは最近所属事務所ナムアクターズと再契約を結び、来る4月15日には2016-17アジアツアーアンコール公演「Thank you again」を開催する。

20170403-5



このページのトップヘ