恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

カテゴリ: テレビ出演

20181030-1


イ・ジュンギが「知ってるお兄さん」に出演し、欠点無しの魅力を発散し、視聴者に新しい“俳優イ・ジュンギ”の印象を残すことに成功した。

韓国で27日に放送されたJTBC「知ってるお兄さん」には、歌手IU、俳優イ・ジュンギがゲストとして出演した。

この日の放送でイ・ジュンギは、冷たいイメージとジャンル物の出演で固定したイメージを壊すことに成功した。ノリノリな姿とアクション俳優らしいリアクション、様々なリクエストに応じる余裕、率直なトークで視聴者を楽しませた。

イ・ジュンギは現在の所属事務所NAMOO ACTORSとの契約条件についても率直に明かした。イ・ジュンギは「所属事務所の代表に会って『僕はとても商業的になったようだ。僕を俳優にして欲しい』と話した。他の条件は気にせず契約した。その道に導いて欲しいと話した」と明かし、“本物の俳優”への道を熱望していたことを明かした。

しかし、過去イ・ジュンギは歌手を準備しながら、SMエンターテインメントのオーディションも受けたと明かし、注目を集めた。イ・ジュンギは「SMのオーディションも受けたが、ダメだった。毎週土曜日、公開オーディションをしているが、昌原(チャンウォン)からソウルに来たぐらいだ」と説明した。

新人時代、オーディションで落ちた際に聞いた厳しい評価についても語った。イ・ジュンギは「僕が初めてオーディションを受けた時は、二重があって線が太い人が人気のある時代だった。僕は冷たさそうで、方言まで使っていたので『君、目も鋭いし、刃物使いの役を演じて』とよく言われた」と当時を振り返った。

20181030-2


その結果、イ・ジュンギはアクション演技をする時も代役を使わないほど情熱的な俳優になれたそうだ。イ・ジュンギは「(アクション演技で)代役を使わない理由は、感情線が崩れるためだ。アクションシーンをフルショットで撮り、演技はバストショットで撮ると感情線が崩れる。僕に出来るかぎり、最大限頑張る」と明かした。

そしてチェ・ミンスと「無法弁護士」で出会った時についても言及した。イ・ジュンギは「ジャンル物に対するマンネリがあったり、大衆に何か見せなければならないというプレッシャーもあるとき、チェ・ミンスさんに出会った。その時、チェ・ミンスさんが僕を見てすぐに『砂漠の真ん中に立っている君を感じた』と話した。それですぐに心を開いてすべて打ち明けた。すると、チェ・ミンスさんは『君が置かれている状況は、僕も経験した自然な状況だ。怖さや後悔に正面からぶつかった方がいい』と言ってくれた。俳優たちとスタッフをすべて統率していたチェ・ミンスさんを見て、俳優として進むべき道を感じた」と尊敬をあらわにした。

「知ってるお兄さん」メンバーもイ・ジュンギの魅力にはまった。ソ・ジャンフン、イ・スグンは「イ・ジュンギを作品で見ていると、冷たく固そうな人だというイメージがあった。しかし、『知ってるお兄さん』を通してとても異なる魅力を確認することが出来た。僕もこう感じるので、視聴者の皆さんもイ・ジュンギの新たな魅力を感じるはず」と褒め称えた。

このように、イ・ジュンギは率直でがむしゃらな“俳優イ・ジュンギ”の新たな魅力をバラエティを通して披露することに成功した。


20181027-5


俳優イ・ジュンギが、「知ってるお兄さん」で以前から現在までの様子を率直に明かした。


27日午後放送されたJTBCバラエティ番組「知ってるお兄さん」では、転校生として出演したイ・ジュンギとIUの2回目のエピソードが描かれた。


20181027-6


この日イ・ジュンギは、デビュー初期にオーディションを受けると武士をしたらいいという話をとてもたくさん聞きましたと打ち明けた。これについてイ・ジュンギは、「強い意志が生まれました」と語った。


その後、多くの作品で実際に刀を使うキャラクターをたくさんしたと明らかにした。続いて代役の使用については、できるだけしないと話した。「できる限り、最大限(僕が)しようと思います」と述べた。


イ・ジュンギは、慣れた身振りで剣術の試演を披露してメンバーを感嘆させた。

20181027-7


撮影当時のハラハラするような状況についても聞くことができた。MBCドラマ「Two Weeks」の撮影では、水に流されていくシーンを代役なして撮影したと伝えた。


イ・ジュンギは、「前日に雨が降って水の流れがとても速くて水に吸い込まれて息をする暇がありませんでした」として「視聴者はもちろん、スタッフに被害を与えることがあるということを悟りました」と述べた。

20181027-8


そして「無法弁護士」の撮影を前にとてもプレッシャーが大きかったと打ち明けた。チェ・ミンスと一緒に撮影をしてたくさん助けられたと語った。


またイ・ジュンギは、なまりを直すために標準語を勉強したエピソードについても明らかにした。20歳でソウルに来たイ・ジュンギは、バイトでお客を観察しながら標準語を学んだという。

20181027-9


演技に運動まで、発展するためには倦まず努力し続ける姿をうかがい知ることができた。

20181027-4


「知ってるお兄さん」のターゲット視聴率が同時間帯1位を獲得した。


ニールセンコリアによると、27日に放送されたJTBC「知ってるお兄さん」第151回のターゲット視聴率が4.9%で、自己最高記録を更新。ターゲット視聴率は2049世代(20歳〜49歳)を対象に集計した数値だ。この回は、地上波と非地上波を合わせた同時間帯の番組の中でも1位を獲得。首都圏基準の有料世帯視聴率も6.7%を記録し、好調をキープした。


この日の放送では、歌手IUと俳優イ・ジュンギが先週に続き、“一日転校生”として出演。IUは新曲「BBIBBI」のステージをテレビ初公開した。また、「秋の歌」というテーマで、「Forgotten Season」、「いくら考えても僕は君を」などを見事な歌声で披露し、感性あふれるステージを届けた。


イ・ジュンギも俳優として経験したさまざまなエピソードを紹介。マンネリズムに陥った時期に、助けになった先輩チェ・ミンスとの会話、水中で代役なしで撮影したとき、中心を失ってヒヤッとした経験などを紹介し、注目を集めた。

20181027-2

20181027-3


俳優イ・ジュンギは、俳優としての道のために会社と再契約したと語った。


27日午後放送されたJTBCバラエティ番組「知ってるお兄さん」では、転校生として来たイ・ジュンギとIUの2番目のエピソードが描かれた。


この日IUは、会社との再契約の理由について明らかにした。IUは、イ・ジュンギに再契約の条件について尋ねた。これに対してイ・ジュンギは、「商業的に傾いてしまったようでした」として「俳優に作ってほしいと言いました」と明らかにした。


続いてイ・ジュンギは、「再契約には他の条件なしで、俳優の道に案内してほしかったです」と語った。

20181027-1


イ・ジュンギがチェ・ミンスに感謝の言葉を伝えた。


27日に放送される「知ってるお兄さん」には、先週に引き続きイ・ジュンギとIUが出演する。バラエティ番組でめったに見られない二人が視聴者に挨拶する。


この日イ・ジュンギは、チェ・ミンスとのエピソードを公開し注目を集めた。


イ・ジュンギは「過去ドラマ『無法弁護士』を控えて心配が大きかった」とし、「ドラマに対する責任感だけでなく、大先輩のチェ・ミンスとの共演にプレッシャーがあった」と明かした。


続けて「チェ・ミンス先輩のところに行き挨拶したが、まるで僕の心の中が見えているかのような一言をくださり、とても驚いた」と明かした。


イ・ジュンギは「おかげで俳優としてこれからどのように歩んでいったらよいのか学ぶことができた」と感謝を伝えた。またイ・ジュンギはチェ・ミンスのアクションシーン撮影法を再現し、笑いを誘った。

このページのトップヘ