※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
20200810-1

俳優イ・ジュンギが、tvN水木ドラマ「悪の花」で緊張感を導く主軸として大活躍している。

tvN水木ドラマ「悪の花」は、愛さえ演じたペク・ヒソン(イ・ジュンギ)と、彼の実体を疑い始めた妻のチャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、顔を背けたい真実の前に直面したふたりの密度の高い感性追跡劇だ。

18年前の「カギョンリ殺人事件」の容疑者となった後、行方をくらましたド・ヒョンス(イ・ジュンギ)は、「ナム・スギル(イ・ギュボク)殺人事件」の犯人と特定され、再び警察に追われる身となった。ド・ヒョンスの正体を隠して身分を偽って生きていたペク・ヒソンは、青天の霹靂のような危機が訪れた状況だ。

こうしてド・ヒョンスが自分であることを知らずに追っている刑事である妻の前で、優しく微笑む「夫ペク・ヒソン」と自身の正体がバレないように捜査の隙間を狙う「ド・ヒョンス」を行き来してきわどい綱渡りをしている。

何よりイ・ジュンギ(ペク・ヒソン/ド・ヒョンス)が、この両極端の違いを細かく描き出して、視聴者までペク・ヒソンの状況に感情移入させてどきどきさせている。

20200810-2

また、劇中でペク・ヒソンが目元のしわを作って笑顔の練習をして「幸せ」という感情を示し、口のはしを下げて目の焦点をぼかして「悲しみ」という感情を表わした。動画の講義を見て様々な感情を練習しながら顔の表情をまねるこのシーンも、顔面の筋肉の変化まで調節するイ・ジュンギの熱演で完ペきに描かれた。

こうして、文字通り「ペク・ヒソンを演じるド・ヒョンス」を演じるイ・ジュンギの二重演技は、キャラクターを一層立体的に見せている。ムン・チェウォン(チャ・ジウォン役)とのメロとソ・ヒョヌ(キム・ムジン役)とのやり取り、そしてナム・ギエ(コン・ミジャ役)、ソン・ジョンハク(ペク・マノ役)との鋭い神経戦まで、ストーリーの中心に立った彼が、またどれほどの演技を披露するのかに期待が高められている。

イ・ジュンギの優れた演技が展開される韓国tvN水木ドラマ「悪の花」は、12日(水)午後10時50分に5話が放送される。