20200520-8

歌手ルー(RUE)がカムバックする。

1日、所属事務所ボアズエンターテイメント側は「ルー新曲「雨の日」でカムバック準備に真っ最中だ。過去のアルバムとは別の反転を奥行ルーの姿を期待してくれ"と伝えた。

ルーの「雨の日」は、曲名の通り、雨が降る前のある日、彼女と自転車に乗って幸せした思い出を歌うなど、比喩的な歌詞が特徴である歌だ。

特にルーは「その日」を使用して節制された感情を伝達、デビューと同時に大衆の関心を受けており、父パク・ガンソンと金持ちプロジェクト「お父さんが息子へ」で困難感動とヒーリングをプレゼントしている。

「雨の日」でさらに水分を吸い上げた感性を誇るルーは、新鮮な変化まで披露する予定だ。

ルーは、現在カムバック準備の真っ最中であり、本名であるパク・ヒョンジュンとしてtvN水木ドラマ「悪の花」でイ・ジュンギ子役として演技にも挑戦する。



歌手RUEさん記事
RUE&パク・ガンソン、デュエットアルバム「お父さんが息子へ」を発売…親子の愛を歌う

20200701-1

歌手RUEと父親であるパク・ガンソンが、親子の暖かい愛を歌う。

本日(7日)正午、各種音源配信サイトを通じてRUEとパク・ガンソンのコラボアルバム「お父さんが息子へ」が公開された。

RUEとパク・ガンソンの親子ケミ(ケミストリー、相手との相性)を感じることができる「お父さんが息子へ」は、無愛想でうまく表現できない父親と簡単に近付いていけない息子の、いつもお互いに話すことができなかった心の内を表した曲である。

アコースティックギターの演奏に、パク・ガンソンのパワフルながらも深みのある声と、RUEの甘美なボーカルが調和を成している。実力派プロデューサーたちが多数在籍しているMOTレーベルの代表であるパク・ジョンウクとキム・ジュニルの洗練されたプロデューシングも際立つ楽曲だ。

パク・ガンソンの息子として名前を知らせたRUEは、今年3月に「その日」で正式にデビューした。様々なライブコンテンツとイケメンビジュアルをアピールし、精力的な活動を繰り広げている。

RUEは、パク・ガンソンとともに9日に韓国で放送されるKBS2「不朽の名曲」に出演する。