20200530-1


tvN新水木ドラマ「悪の花」が制作ビハインド映像を初公開した。


tvN新水木ドラマ「悪の花」(脚本ユ・ジョンヒ、演出キム・チョルギュ)は愛さえも演じる男ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)と彼の実態を疑い始める妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、目をそらしたい真実の前に立った2人の感性追跡ドラマだ。


これに先立ち、イ・ジュンギ(ペク・ヒソン)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン)、チャン・ヒジン(ド・ヘス)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン)の演技と期待満開ラインアップの台本読み合わせ現場に続き、今度は「悪の花」を展開していく過程が盛り込まれたビハインド映像を公開し、7月の初放送がさらに待ち遠しい。


何より「自白」、「母なる証明」、「空港に行く道」などの名作の演出を立証したキム・チョルギュ監督の「この台本の最も大きな魅力はオリジナリティだ」という自信ある紹介で砲門を開き、目を引く。


「14年間愛してきた夫が連続殺人犯と疑われたら?」という破格的なメッセージで開始されるストーリーはベールに包まれた人物、予測不可能の展開、手に汗を握らせる追跡を予告した。

20200530-2


台本読み合わせ現場では、夫婦役イ・ジュンギやムン・チェウォンの対話の映像がプレビューで公開された。 イ・ジュンギは「ドラマの多様な面を見せてさし上げられるのではないか」とし、真実と疑惑の間を行き来する二人の切ない愛をポイントに挙げて期待を倍増させた。


ソ・ヒョヌはスクープを追う記者キム・ムジン役を通じて立体的な感情スペクトルを見せてくれることを予告し、イ・ジュンギと息の合った愉快な笑いを放ち、二人の呼吸がもう一つの見どころのようだ。


映像のいたるところで最高のドラマを作るため俳優、製作陣の熱演とチームワークがにじみ出ている。 イ・ジュンギは「良い作品をプレゼントする」と話し、ムン・チェウォンは「たくさん期待してほしい」と伝えた。

 俳優たちのキャラクターに没頭した演技と、和気あいあいとした現場の雰囲気を伝えたtvN新水木ドラマ「悪の花」は7月に初放送される予定だ。