恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

2020年08月

20200831-2

俳優のイ・ジュンギが、結婚に対する自身の考えを明らかにした。

イ・ジュンギは8月26日、個人インスタグラムライブ放送を進めてファンたちとコミュニケーションした。

イ・ジュンギは「結婚はいつするの?」というファンの質問に「僕も分かりません。 皆さんはいつ結婚するのか分かりますか? 分からないんです。 一生できないかもしれないし」と、話して豪快に笑った。

また、年齢を尋ねた質問には「俳優に年齢がどこにあるか。 キャラクターに合うように生きること。 おじいさんの役を受け持てばおじいさんで生きることだ」と、鋭敏な姿を見せて笑いを誘った。

一方、イ・ジュンギは現在韓国で放送中のtvNドラマ「悪の花」で熱演を繰り広げている。

20200831-1

俳優イ・ジュンギが放送休止の率直な話を伝えた。

26日イ・ジュンギは、自分のインスタグラムのライブ放送でファンたちとコミュニケーションした。

この日、イ・ジュンギは、「現在のシナリオが16話まで出来てきて早く撮影を続けてたかった。感情も上がってきて、よりそうだ。しかし、どうしようもない状況であることを知っている」と述べた。16話まで出来てきた台本の内容については「台本を見て鼻先がジーンとした」と期待感を高めた。

現在コロナ19再拡散により、複数のドラマやバラエティ番組の撮影が中断された。イ・ジュンギが出演中の「悪の花」も同然の状況。

イ・ジュンギは、「避けられない放送休止であるようだ。その期間再調整して質の高いコンテンツをお見せできるように努力する」とし「一週間ほど休むことを充電時間だと思う。以降お見せする演技や俳優たちとのアンサンブルにより集中する」という言葉でドラマを待っているファンを期待させた。

「自分の作品なのにこんなに待ったのは初めて」というイ・ジュンギは、「最初、自分の演技をモニターしない。製作陣を信じキャラクターに集中したいので、そうした」と明らかにした。彼は「私も視聴者と同じ立場でTVを見ている。かなり面白く見ている。毎回見るたびに鳥肌がたつ」とし「モニターしなのが良かったようだ」と話した。

一方、イ・ジュンギは、「悪の花」1話から8話までの話で殺人事件の容疑者と正体を隠そうとはト・ヒョンスを深く演じて好評を受けた。

花屋第2弾現在編
20200829-1
20200829-2
20200829-3
20200829-4
20200829-5
20200829-6
20200829-7
20200829-8
20200829-9

花屋第1弾過去編
20200828-1
20200828-2
20200828-3
20200828-4
20200828-5
20200828-6
20200828-7
20200828-8
20200828-9

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
20200827-7

「悪の花」でのイ・ジュンギの熱演が注目を集めている。

27日に放送されたtvN水木ドラマ「悪の花」では、他人の感情も本人の感情も正しく認識できない反社会性パーソナリティ障害を持つト・ヒョンス(イ・ジュンギ)が、妻のチャ・ジウォン(ムン・チェウォン)に真心を伝える姿を表現した。感情は感じないが、チャ・ジウォンが必要な姿やチャ・ジウォンが望む姿で生きようというト・ヒョンスの無感情の真心演技が、チャ・ジウォンはもちろん、視聴者まで泣かせている。

ト・ヒョンスは過去の殺人事件に巻き込まれた後、自身の身分を隠してペク・ヒソンとして生きてきた。しかし、チャ・ジウォンがペク・ヒソンの正体を知って裏切りに悲しむと、彼女の心を取り戻すために本格的にト・ミンソクの共犯捜査を始めた。

生まれながら感情を感じない彼だったので、共犯の捜査は単なる倦怠期を克服する手段だと思っていたが、実はそうではなかった。

特にこの日放送された10話では、ジウォンに対するヒソンの心がすべて本物であることが視聴者にまで伝わり、大きな注目を集めた。この日ヒソンは、ト・ミンソク共犯の連続殺人を助けた組織と秘密の取引を計画し、取引内容や場所を警察に提供した。正体がばれるかも知れないという危険な選択をした彼の姿は、最終的には自身の無実を証明したい対象が受話器の向こうにいるジウォンであることを推測させて見る人々を切なくした。

そしてヒソンは、これまで以上に素直に自身の気持ちを打ち明けて視聴者を泣かせた。ヒソンが危険な場所に行けないようにジウォンが阻むと、淡々と「私はあなたにとって本当にいい人になりたい」とするなど、彼の姿のひとつひとつがジウォンはもちろん、見る人の心を感動させている。

これまで無視してきた感情に向き合いはじめ、真実の愛を悟っていくヒソンの姿は、イ・ジュンギの幅広い感情表現でさらに繊細に手を加えられて劇をリードしている。特に感情が欠如していたト・ヒョンスを純粋という一味違った感情で表現する彼の演技は、多くの人々の共感を引き出して劇の完成度を高めている。

ペク・ヒソンの心がチャ・ジウォンにまで伝わり、事件解決と切ないメロを予告しているドラマ「悪の花」。初めて愛と向き合うペク・ヒソンを描き出すイ・ジュンギの熱演に再び期待が集められている。

「悪の花」は、毎週水木曜日夜10時50分に韓国で放送されている。

このページのトップヘ