恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

2017年08月

20170820-3


最近イ・ジュンギは、自分のインスタグラムに「クマデイクメクする」という文と共に写真を掲載した。

写真の中のイ・ジュンギは、花美貌を誇示して、カメラを見つめている。彼は女性よりきれいな美貌で人々の注目が集まるようにした。
  
これを見たネチズンたちは「イ・ジュンギは、女性よりもきれいなように(笑)」、「イ・ジュンギ、肌うらやましいㅠㅠ」、「イ・ジュンギ、ハンサムきれいなのね」など、様々な反応を見せた。

20170820-2


俳優イ・ジュンギが温かい姿で注目されている。

イ・ジュンギは20日一枚の写真を自分のソーシャルメディア(SNS)「インスタグラム」に公開した。

写真の中のイ・ジュンギは、他の場所を見て座って見事な男性美を見せている。

写真の下には、数十のコメントが走った。

その中には「とてもよく見かけませんか」、「やはり芸能人」、「兄ちゃん」などの反応いっぱいだった。

一方、イ・ジュンギは、tvNドラマ「クリミナル・マインド」に出演している。

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

20170821-5



消えた子供たちが危険である。

23日放送されるケーブルチャンネルtvN「クリミナル・マインド」(脚本ホン・スンヒョン演出ヤン・ユノ)9話で国家犯罪情報局犯罪行動分析チームNCIが銃殺害事件を解決するやいなや子供誘拐事件の捜査に乗り出す。

一つの場所で繰り返し誘拐事件が発生し、これをもとに尋常ではない雰囲気をキャッチしたNCIが事件の裏面と危険に陥った子供を救うために苦労する予定である。

先週放送された「クリミナル・マインド」8話末尾、遊園地で子供を失った親の前に8年前と同じように、自分の子供も消えたと主張する女性が現れた。また、「その女性以前に私も見ました。手法が同じだ」と尋常ではないメッセージを投げ、視聴者の好奇心を刺激した。

公開された写真の中の遊園地のあちこちを歩き回るキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ)、ハソヌ(ムン・チェウォン)の憂い幼い表情は、今回の事件も、簡単に解決されないことを推測させる。

彼らの人々が多い場所を選んで子供を誘拐した犯人のパターンを読み直接足走り回るなど情熱的な態度で臨む。ここで子供を失ったすさまじい母の姿は、見る人々の切なさを醸し出す。

これにNCIチームは、単純な誘拐事件ではなく、計画的な連鎖拉致事件で判断して、本格的な公開プロファイリング捜査を始め、これまでテロ、連続殺人、銃事件など極悪非道な犯罪者を相手していたNCIが子供を相手にした今回の事件も、どのように解いていくのか期待を集めている。

「クリミナル・マインド」は、毎週水、木曜日の夜10時50分放送される。

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

20170821-4




リッパーが描いた殺人のビッグピクチャーが明らかになった。対象はNCIであった。

tvN水木ドラマ<クリミナル・マインド>で再び現れた希代の殺人魔リッパー(キム・ウォンヘ)の殺人計画が明らかにされ、視聴者をもう一回恐怖の沼に追い込んだ。

以前の放送でリッパーが脱獄、姿を隠して、すべての人々が不安で震えた。特にリッパーと切れない悪縁で編集されたカン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ)は前警察庁プロファイラーであったユン・ヒソク(ナム・ミョンリョル)に会いリッパーの予測不可能な行為を把握しようと苦労していた状況。

このような中リッパーはハ・ソヌ(ムン・チェウォン)が追っているコ・ヨンミン(キム・ヒジン)を殺害し、死んだカン・ギヒョンの妻のピアスに特有の殺人シグネチャを残し、自分が戻ってきたことを知らせて、本格的な殺人の序幕を上げた。

これに最初に気づいたのは、ハ・ソヌに続いてキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ)には「奴が今チーム長様だけでなく、私たちのチーム全体を狙っていると思う。チームを屈服させなければ、最終的にチーム長様に、より大きな苦痛を抱かせることになるのだから」とリッパーの計画を推測しやり遂げた。

続いてリッパーが某所でカン・ギヒョンを主軸にNCIチームメイトの賞を細かくスクラップしておいた巨大な壁が捕捉、キム・ヒョンジュンの主張を裏付けた。リッパーはNCIメンバーたちの基本的な情報を越え、彼らの過去と周辺人物たちまで徹底的に調査しており、さらに見る人々鳥肌立つようにした。

このようにリッパーが立てた殺人の大きな絵が徐々に輪郭を表し緊張感が高まっている。ここでリッパーが次に行う殺人について事前に推理している視聴者NCIの意見も分かれるように続いており、さらに興味を倍加させる。

このように、プロNCIに劣らない視聴者の予測通りのリッパーの殺人が行われるか、またNCIが彼の狂気を正しく防ぎ出し無事避けられるか成り行きが注目される。

一方、爽快な犯罪心理捜査劇の魅力をお茶の間に伝えている<クリミナル・マインド>は、毎週水、木、夜10時50分tvNで放送される。

20170821-1


大韓民国を代表する俳優と指折り数えられるイ・ジュンギ。細い外見でアクションの実力も兼ね備え彼の時代劇とジャンル物で自分の技量を発揮してきた。きれいな男で通じていたイ・ジュンギは信じて見る俳優になるまでの時間を見て回った。

2004年にデビューしたイ・ジュンギは2005年の映画「王の男」で一躍スターダムに上がった。劇中イ・ジュンギが引き受けた役割は旅芸人の女装クァンデ(大道芸人)コンギル。女性よりもきれいな美貌に、新人にふさわしくない演技力でイ・ジュンギはセンセーションを呼び起こした。「王の男」の人気の8割をイ・ジュンギが責任となったことがあるほどだ。

20170821-2


以後、イ・ジュンギは、時代劇専門俳優に生まれ変わる。コンギルこれと確かに違った。イ・ジュンギは、時代劇でロマンスとアクションを主に示し、男の中の男というイメージを構築した。2008年SBS「一枝梅」をはじめ、2012年MBC「アラン使道伝」、2014年KBS2「朝鮮ガンマン」、2015年MBC「夜を歩く士」、2016年SBS「月の恋人 - 歩歩驚心:麗」まで、総5作品に出演した。相次いで時代劇作品をしたが、キャラクターに基づいて演技が変わるイ・ジュンギは、視聴者に既視感や退屈を与えなかった。

20170821-3


このように、イ・ジュンギと時代劇だが、実際に彼はジャンル物で先に演技力を認められた。「イルジメ」の前に、2007年MBC「犬とオオカミの時間」に出演した。イ・ジュンギは劇中復讐を抱くNCI要員イ・スヒョン役を引き受けた。彼は以前とは異なり、タフな演技をして、きれいな男のイメージを吹き飛ばしてしまった。

以後、2013年MBC「TWO WEEKS」で命まで捧げた父性愛演技を見せてくれたイ・ジュンギは、4年ぶりに韓服を脱いでジャンル物に戻ってきた。現在tvNで放映中のドラマ「クリミナル・マインド」に出演中だ。イ・ジュンギが引き受けたキム・ヒョンジュンは、機動部隊で刑事を経て、プロファイラーになる人物である。キム・ヒョンジュンは、頭と体の両方使い熱心に働き犯人を見つける。正義の「脳セクシー男」である彼の魅力に視聴者はすっかり落ちた。

何よりも「クリミナル・マインド」でイ・ジュンギの演技は、従来と差別化される。これまで時代劇を中心にヒーロー物で熱演を広げたイ・ジュンギ。「クリミナル・マインド」は、彼がヒーローになっていく成長期とすることができる。「クリミナル・マインド」を通じてジャンル物も代替不可の俳優であることを立証したイ・ジュンギは、彼の活躍がより一層期待される。

このページのトップヘ