恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

20160907-4



イ・ジュンギ7日、自身インスタグラムハメ撮り写真上げたまた、写真と一緒に世界各国言語愛している」というメッセージ残した

写真の中のイ・ジュンギは、少女漫画の中から飛び出したような温かいビジュアル誇ってい洗練されたアゴの線にょきっとした鼻柱を誇ったイ・ジュンギは、ほのかな笑顔と一緒にカメラじっと見つめ女性ファンを胸キュンさせた

一方、イ・ジュンギはSBS月火ドラマ「恋人 - 歩歩驚心:麗4皇子ワン・ソ引き受けて熱演中だ

actor_jg 2016-09-07 12:23
Follow follow me
😘

Follow follow me 😘

배우 이준기 a.k.a Actor JG !李準基さん(@actor_jg)が投稿した動画 - 2016 9月 6 8:23午後 PDT





lch liebe dich 😍
Ti amo 😘
Je t ' aime 😗
Я ВАС ПЮБЛЮ 😚
ณนฐภฌ 😙
我爱你 😚
あいしてる 😍
だいすき 😘
I Love You 😗
사랑해♥🤘😍😚😙

20160907-5



『月の恋人』に出演するイ・ジュンギがときめきを含んだ皇子演技を完璧に繰り広げている。

6日放送されたSBS月火ドラマ『月の恋人-歩歩驚心:麗』(日本題『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』:以下、『月の恋人』)にて主人公ワン・ソ役を演じるイ・ジュンギは秀でた演技力で視聴者たちの心を掴んでいる。イ・ジュンギが演じる4皇子ワン・ソは幼い頃に負った顔の傷と実の母の虐待により心に傷を持つ人物だ。

ワン・ソを敵対視する人は皇権を狙う3皇子ワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン扮)、実母である皇后ユ氏(パク・ジヨン扮)だけではない。優しい性格だと思っていた8皇子ワン・ウク(カン・ハヌル扮)さえも「ここにお前の人はいない。すべて私の人々だ」とワン・ソを引き離す。これにワン・ソは衝撃と驚きを無理に隠そうとした。

誰がより高い場所に上るのか見守り、野望を育てているヨンファ(カン・ハナ扮)にワン・ソが「私は価値のある女性よりも、私を大切にしてくれる女性を待つ」という意外な答えをしてみせた。皇室の中心から押し出されている皇子が望むことが、皇座ではなく愛とは。ワン・ソの意外性と純粋さを垣間見ることができる部分だ。

ワン・ソがすべてを諦めようとした瞬間に現れたのがヘス(IU扮)の存在だ。直言をし心配してくれるヘスにワン・ソはときめきを感じ、継続してヘスに注目する。ヘスもまたワン・ソが誰にも見せなかった部分と彼の考えを知りながら、彼に同情と関心を抱くようになる。このようなエピソードが強弱の調節をつけながらドラマに登場するため、ワン・ソとヘスの関係が今後どのような変化を迎えるのか関心が高まっている。

人々を憎悪する皇子と、人が好きな女性の出会いが巻き起こすシナジーが今後『月の恋人』をさらに期待させる理由だ。皇子の体面を備えたワン・ソが皇宮に入り、ある事件と向き合うことになるのか、来週の放送から展開さsれる予定だ。

イ・ジュンギが清涼な魅力表わした

俳優イ・ジュンギ、97インスタグラムFollow Follow me」という文と一緒に映像掲載した

映像の中のイ・ジュンギは、車窓の外に出したまま、カメラに向かって手振っているイ・ジュンギ温かい容貌、図のような風景が調和し写真集連想させる彼のさわやかな笑顔が目を引く

一方、イ・ジュンギは現在SBS月火ドラマ「恋人- 歩歩驚心:麗出演中だ


20160907-2


スマイルゲート人気オンラインアクションレーシングゲームテイルズランナー7日、SBSの新しい月火ドラマ恋人 - 歩歩驚心:麗とのコラボレーションにより、衣装アイテムパッケージ4種発表しました

去る829初放送を始めた20部作ドラマ「恋人 - 歩歩驚心:麗イ・ジュンギイ・ジウン、カン・ハヌル、ナム・ジュヒョクなど派手なキャスティング時空超えたロマンス扱ったユニークなストーリーで、今年の下半期最高期待作の一つとして挙げられて
きた。

テイルズランナー、今回披露したパッケージ4種は、恋人 - 歩歩驚心:麗主要人物である「4皇子「ヘ・ス8皇子、「13皇子をコンセプトに、それぞれ製作したパッケージには、4人のドラマの中の服など倣って作った衣装アイテム、各人物姿抜い似せたペットで構成された


利用者
は、衣装アイテムとペットキャラクター装着して外観変身させて、様々なランニング能力向上させることができる

スマイルゲート4種パッケージすべて保持している利用者に皇帝の椅子ポーズ」アイテム追加で提供する

一方テイルズランナー、2005の夏からサービスされた定番のオンラインゲーム累積会員1,400保有している

20160907-4


このページのトップヘ