恋する干しぶどう(*´・з・`*)♪ 新館

俳優イ・ジュンギさんを応援します。

「月の恋人-歩歩驚心 麗」 韓国公式HP 20160817-3


1982年生まれのイ・ジュンギ。韓国の芸能界において彼の立ち位置は独特だ。言ってみれば、「イ・ジュンギの前に道はなく、彼の歩いた後に道ができる」という感じ。自分の潜在的な力を新しいイメージで表現するのが彼のスタイルなのだ。

類型とは無縁

韓国において時代劇は、ただの一つのジャンルというわけではない。歴史好きな国民が興味深く見るという意味で、制作者が誇りを持てるジャンルなのだ。

それゆえに、歴史的な史実の描き方が常に論議の的になる。あまりに実在の人物にフォーカスしすぎると、同じ類型の登場人物が多くなってしまう。そこに、時代劇の難しさがある。

しかし、イ・ジュンギが主演した時代劇の奔放さは特筆ものだ。

彼が演じる時代劇の主人公は常に魅力的だ。作品ごとに斬新なキャラクターがストーリーの中を縦横に動き、視聴者を存分に楽しませてくれる。

そういう意味で、イ・ジュンギは類型とは無縁の俳優だ。そのことは、彼が主演した作品名を挙げればわかる。
映画なら『王の男』、ドラマなら『一枝梅(イルジメ)』『アラン使道伝』『朝鮮ガンマン』『夜を歩く士(ソンビ)』『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』など。

今まで見たことがないような美しい役を多様に演じるのがイ・ジュンギの真骨頂だ。

限界を作らない

あれは2004年のことだ。

私が編集長をしていた韓流雑誌でイ・ジュンギをインタビューしたことがあった。まだ『王の男』に出る前でイ・ジュンギの名前はそれほど知られていなかった。

彼には特別なマネージャーもおらず、ほぼ1人で日本で活動しているような状態だった。少しでも名前を知ってもらいたいということで、インタビューも彼自身の売り込みだった。そんな下積み時代でも発言の中身は感心するほどしっかりしていた。

イ・ジュンギは「誰かのような俳優になりたいとは思っていません」とはっきりと言い切った。

「この世界には多くの先輩俳優がいて、それぞれが自分のカラーを持っています。そうした先輩たちのいい部分をひとつずつ学んでいきたいと思っていますが、特別に誰かを目標にするのではなく、自分が不足している部分を補っていきたいという気持ちです」

「いつも学びながら努力していきます。目標は特に決めていません。目標を決めると、限界を作ってしまうからです」

重ねて言うと、この発言は2004年でまだ俳優として名前が知られていない時期のものだ。いわば、初心表明とも受け取れるのだが、当時の発言に現在のイ・ジュンギの真髄がすでに見えていると思える。

「自分で限界を作りたくない」

その気持ちが、時代劇に革新をもたらす原動力になっている。


文=康 熙奉(カン ヒボン)

actor_jg 2018-01-09  17:11
うまくなりたいㅜㅜ

잘하고싶다 ㅜㅜ

배우 이준기 a.k.a Actor JG !李準基さん(@actor_jg)がシェアした投稿 -


20180109-2




actor_jg 2018-01-09  19:51
またすぐに会おうね♡ 💖😘

See ya soon ♡ 💖😘

배우 이준기 a.k.a Actor JG !李準基さん(@actor_jg)がシェアした投稿 -


20180109-4
20180109-5
20180109-6




【イ・ジュンギ公式マガジン2018 Vol.1-2】
1次予約受付期間は
1月9日18時~1月23日23時59分です

20180109-1



占い師のchristy.です。年も明けましたが皆々様、今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、年明け一発目の栄えある俳優さんは、アジアを越えヨーロッパ、中東までグローバルな人気を博し、現代劇はもちろんのこと美しい容姿と観る者を惹き込む演技で数多くの時代劇をヒットに導いたイ・ジュンギさんです。

また、その才能は演技だけにとどまらず歌手顔負けのステージでファンを魅了する万能エンターティナーの彼の運勢はどうなっているのか、鑑定する私も楽しみです。

イ・ジュンギさんと言えば「王の男」や「イルジメ」では妖艶で中世的な役柄が印象的でしたが、その後の役柄の幅の広さといいアクションに至るまで、天性の俳優としての才能をビシビシに感じます。

そんな彼も苦悩の時代があったようで、その辺も統計学と照らし合わせていきたいと思います。

まず、彼の星は九紫火星になります。九紫火星は演じる事に向いている星をしており、彼の生年月日で鑑定した所、生まれた時から「俳優」星そのものでした。

俳優になるために生まれてきたと言っても過言ではないぐらいの星の持ち主でした。また、特殊な才能にも恵まれ、特に長けている部分は「人気」運でした。

彼は人の心を掴んで離さないといった、男女問わず目上の方や目下の方までも魅了していく素晴らしい星の持ち主でした。

ただ風評被害に悩まされ、飛躍を足止めされてしまうような出来事があったようで、鑑定してみた所、時期的には25歳~30歳までが、一番辛い誤解を招いたりうまくいかない時期だという結果が出ました。

ですが、彼の星は晩年になればなるほど良くなり、もう一番辛い時期は抜けていますので、今後は益々楽しみな時期といえるでしょう。そして、彼は演じることだけではなく、音楽の才能にも恵まれており、エンターティナーとしては本当に羨ましいぐらいの星の持ち主です。プライドも高く、当然ナルシストな面もありまた、内面では物凄く熱い物を持っています。

たまにこの星の人は攻撃的になってしまうこともありますが、頭の回転も良く回避能力も高いので、こういう強い星を持っている人は冷静さが開運の鍵になります。

余りプライドを全面に出さないことで大成功を収められます。ジュンギさんの謙虚な姿勢を見ていると、自ら開運への道を切り開いているといえる気がします。そしていつまでも若々しくいられる星も持っていて、これは至れり尽くせりで鑑定していて「さすがトップスター」だなと頷いてしましました。

世に出る方の星は皆さん「最強」で当たり前のようになってきましたが、ジュンギさんは特に選んだ職業も俳優で間違いないような星をしていました。そして更に、もうすでにてんこ盛りな内容にも関わらずなんと!ジュンギさんは「食神」まで付いていました。この「食神」を持っている人は、一生食べるのに困らないと言われています。

そんなジュンギさんの女運ですが、悪くもなく良くもなく普通でした。今までのパターンだと、スターであればあるほど女運が悪かったですよね?スターとは誰か一人の物になりづらいイメージもありますし。むしろ人気商売ですので、余り女性の影があっても仕事に影響しかねません。人からの指示を得なければいけないお仕事を選ばれた宿命でもあるような気がします。

そんなジュンギさんですが、女運は悪くなかったのですが…さすがスター!結婚運がありませんでした。やはり、スターという職業は何かを犠牲にして成り立っているのかもしれませんね。

結婚運がない方は中々まとまらなかったり、晩婚、破局しやすいなど色んな見方をします。ですが「人気」星を持っているので、向こうから寄ってくるようなモテる要素しかありませんでした。ジュンギさんはこだわりも強い面があって「この人」と自分で決めた人でないと動かないような所があります。そして自分のイメージも大切にするタイプですのでもし、ご結婚を決められたとなるとよっぽどのお相手と言えるでしょう。

いかかでしたか?あくまでも九星気学をベースに統計学で鑑定していますので、皆さんの中のジュンギさんと照らし合わせて楽しんで頂ければ嬉しいです。では、また次の連載でお会いしましょう~。


20180109-1 (2)




このページのトップヘ